【クリームシャンプーは乾燥敏感肌OK?】無添加など安全性について

【クリームシャンプーと敏感肌】安心・安全の選び方3つのポイント

【クリームシャンプーと敏感肌】オーガニック成分がベースだから安心

本当に安心安全なクリームシャンプーは、自然成分(オーガニック成分)にこだわっていて、とても肌に優しいです。

通常のシャンプーだと高級アルコールや石油系の界面活性剤を使用していたりと、頭皮に刺激のある洗浄成分をしています。

しかし、自然由来の洗浄成分を使用しているクリームシャンプーは、頭皮へのダメージが少なく敏感肌の方におすすめです。

オーガニックとは

ここでは日本オーガニック協会のオーガニックについての説明を引用します。

食品についてスポットを当てて説明していますが、本質はシャンプーでも同じです。

オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

~中略~

ーガニック食品は一般の食品より安全です。

正確を期せば、「安全性が高い」あるいは「危害リスクが低い」と言うべきなのでしょうが、敢えて一般の食品と比べた場合には、安全だと言い切ってしまいます。

食品の安全は、3つの危害要因(異物などの物理的危害、菌類などの生物的危害、農薬や重金属等による化学的危害)が一定以下に抑えられているときに実現します。
このうち、物理的危害と生物的危害は、食品衛生法の下ですべての食品の安全性が担保されており、オーガニックが特別すぐれているわけではありません。しかし、化学的危害リスクは明確に異なります。

引用:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

【クリームシャンプーと敏感肌】ノンシリコンなどの無添加だから頭皮に優しい

敏感肌でも安心できるクリームシャンプーは、添加物が入っていないものです。

と、よく耳にすると思いますが実際によく配合されている添加物のメリット・デメリットはご存知でしょうか?

知らない方は今一度知っておく方がいいと思います。

シリコンの頭皮へのメリット・デメリット

  • 髪がコーティングされるので髪の艶を維持しやすい
  • ドライヤーなどの熱からダメージを受けづらい

といったのがシリコンのメリットです。

逆に

  • シリコンが髪に膜を張り、髪に良い成分が浸透しづらくなる
  • 頭皮の毛穴にシリコンが詰まり、髪の成長(育毛)の妨げになる
  • カラーリングなどが効きづらくなる

これらがシリコンのデメリットです。

つまり、髪がそもそも健康で艶のある状態の方にとってはしっかり頭皮まで洗い流せれば、シリコンは害はあまりなありません。

しかし、髪が傷んでいたりパサついていたりすると、修復するための成分が髪に入りにくいのがデメリットととなってしまいますね。

また薄毛が気になり始めた方などは、もし毛穴から洗い残しが多くなってくると髪の成長を阻害するので、やめておいたほういいです。

これらのデメリットが嫌な方はノンシリコンのシャンプーを使いましょう。

石油系界面活性剤のメリット・デメリット

そもそも界面活性剤とは、混じり合わないはずの水と油を混ぜ合わせる役割をする成分のことを指します。

シャンプーに配合される場合は、頭皮の汚れをおとすための洗浄成分として使用されます。

この界面活性剤は、実は二つの種類があり、

  • 天然界面活性剤
  • 合成界面活性剤

のどちらかに分類されます。

そして、石油系界面活性剤は合成界面活性剤に分類されます。

そして、この石油系界面活性剤にもメリットとデメリットが存在します。

まずメリットは、

  • 水と油が混じったシャンプーの品質を天然界面活性剤より長時間維持できること

これにつきます。

もちろんこれは製造する側の事情であって、使用者である私たちとは無縁の事情です。

そして石油系界面活性剤のデメリットは

・肌に残りやすく、肌トラブルにつながりやすい

ということ。

界面活性剤は洗浄成分です。その洗浄成分がずっと頭皮の毛穴などに残っていては、肌にとって刺激物以外の何物でもありません。

だから、シャンプーに関しては石油系界面活性剤はあまりメリットがないといえるでしょう。

着色料のメリット・デメリット

メリットは色味をコントロールできるので、非常に見た目はいいです。

例えば栄養価たっぷりのハチミツを配合しました!と言われて、無色透明のシャンプーを見せられるより、プレミアムゴールドのようなカラーがついていると、よりハチミツ感が出ますよね?

中身は一緒でも色がついていると高級感がでたりするんですよ。

しかし、そんな着色料にもデメリットがあります。

それは、頭皮のかゆみ・ただれやフケの原因となる可能性があるということです。

もし上記のような状態になってしまうと、遠い将来では薄毛・抜け毛、直近では髪のダメージがひどくなるといったことになる可能性があります。

【クリームシャンプーと敏感肌】クリームだから頭皮へのダメージが少ない

クリームシャンプーは泡立たないシャンプー。

通常のシャンプーと違って泡の摩擦が少ないため、頭皮や髪へのダメージがすくないです。

そのため、敏感肌でも安心して使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です